最果てのバベルでは、ガチャにより武器とジョブが排出されます。

新しいガチャの解放が、キャラの解放と同じタイミングとなっており、ストーリーを進めていくことで、新しいガチャが引けるようになります。

課金組の人は、気にせずストーリーを進めてもいいですが、無課金で攻略している人は、進めすぎると精霊石が足りなくなってしまうことがあるのです。

そして、ガチャの引き方を選ぶことが可能となっています。

最果てのバベルでは、ガチャを10連で引くか、単発で引くか、選ぶことが出来るのです。

どちらの引き方にもメリット、デメリットがあるのですが、お得なのはどっちなのでしょうか?

それでは、最果てのバベルではガチャは10連と単発、どっちを引くべきなのか?紹介していきます。

 

最果てのバベル無課金攻略!ガチャは10連と単発どっちで引くべき?

どのガチャを引けばいいのかという事は、無課金の人が悩む壁です。

無課金だと入手できる精霊石の数が限られているので、ガチャは一回も無駄にしたくありませんからね。

ガチャごとに、どちらの方がいいのか?という事を紹介していきます。

 

通常ガチャは10連がおすすめ

通常ガチャは特にピックアップされていない、常時開催中のガチャです。

ピックアップガチャの期限が過ぎると、このガチャからピックアップされていたキャラの武器、ジョブが排出されるようになります。

通常ガチャでは10連を引くことをおすすめします。

通常ガチャは、10連を引くことで3体のジョブが確定で排出されるようになっています。

最果てのバベルでは、★5武器より、★5ジョブの方が重要となっており、キャラの強さに関わってきます。

少しでも確率を上げるためも、通常ガチャでは10連を引くようにしましょう。

 

一日一回の割引を利用する

通常ガチャのみですが、一日一回割引が適用されます。

単発ガチャを50精霊石から30精霊石でひくことができるのです。

確率などの確定要素はありませんが、精霊石を節約したいなら、利用してもいいでしょう。

ただ、通常ガチャは最初こそ、キャラが少ないので、目当てのものが出る確率がありますが、ストーリーを進めるにつれて、ガチャの対象が増えていきます。

通常ガチャは闇ガチャに発展しやすいので、精霊石を使うことはおすすめできません

 

ピックアップガチャは初回は10連

ピックアップガチャに関しても10連がおすすめです。

ただ、おすすめなのは初回のみです。

ピックアップガチャは、初回のみ割引されており、10連を300精霊石で引くことができます。

200精霊石も節約できるのは、かなり大きいです。

確率にこそ、影響はありませんが、無課金にとって、精霊石を節約できるのはありがたいです。

初回を10連で引いた後は、単発でも10連でもどちらでも構いません。

自身が欲しいと思っている目当てのジョブ、武器がでるまで引いていくようにしましょう。

 

最果てのバベル無課金攻略!ガチャ10連単発どっち?まとめ

今回は最果てのバベルではガチャは10連と単発、どっちを引くべきなのか?という事を紹介させて頂きました。

  • 通常ガチャは10連を引くべき
  • 通常ガチャは一日一回の割引を使ってもいい
  • ピックアップガチャは初回のみ割引される
  • ピックアップガチャには確率に変動はない

最果てのバベルのガチャはジョブと武器が混合している闇ガチャシステムとなっています。

基本的に闇ガチャは、自身の目当てのものが出にくいと言われています。

運よく、★5が出ても、ジョブが欲しかったのに武器が出てしまったという展開もよくあることです。

武器はドロップで入手できるものでも、十分強いですからね。

最果てのバベルのガチャでは、新ジョブの解放を狙って、ガチャを引くことをおすすめします。

 

そして最後に、ここまで読んでもらったあなたに・・・

最近個人的にハマってる神ゲー

を紹介したいと思います!\(^o^)/



「成り上がり~華と武の戦国」っていうゲームなんですけど、これがまた地味にハマる・・・

一国の城主として国を強くしながら成り上がっていく、というのがコンセプトなんですけども、そのために美人の奥さん作って子供作って子供結婚させて・・・

と、かなり人間くさい生活を送っていくわけなんですよ(笑)

それがまたリアルで、最初はそんなつもりじゃなかったんですけども気づいたらハマってました(;・∀・)



特に美人の奥さんと○○なお戯れをするときがなかなかムフフな感じで個人的にはここでヒットしたかな(笑)

どんな感じなのかはプレイしてぜひ試してみてもらいたいですね~!

もちろん無料でプレイできるので、ぜひ一度やってみてくださいな♪そして感想を教えて下さい(・∀・)

>>成り上がりの無料ダウンロードはここから

おすすめの記事