ドラクエウォークではリセマラを行う事は可能です。

ただ位置ゲーでもあるドラクエウォークではリセマラを行うために、外を歩きまわらなければなりません。

他のソシャゲのように家にいるだけではリセマラを行うことはできません。

時間はさほどかかりませんが、動き回る事が面倒だと感じてしまうユーザーが多いようです。

それでは、ドラクエウォークにリセマラは必要なのかということを紹介していきます。

 

ドラクエウォーク リセマラがめんどくさい・・・

  • アプリをインストールする
  • 最短で目的地(170mほど)を設定する
  • 目的地に到着し、チュートリアルを完了する
  • 記念クエストを全てクリアする

ドラクエウォークのリセマラの手順はこのようになっています。

時間にすると約20分ほどです。

時間は他のソシャゲと変わらないのですが、動き回る必要があることで「めんどくさい」と感じてしまうようです。

チュートリアルをクリアするために、200mほど歩き、記念クエストをクリアするために400mほど歩く必要があります。

しかも、当たり装備が出なければ、アンインストールをする必要があるので、データ容量を考えても、自宅に帰ってからインストールをする必要があります。

外でインストールとアンインストールをした方が時間効率はいいですが、データ制限が来る可能性が高いです。

ドラクエウォークで上手くリセマラをしていくためには、上手く目的地を設定していく必要があるのです。

時間は大したことありませんが、手間がかかるという印象がつよいようです。

 

ドラクエウォーク そもそもリセマラは必要なの?

私はドラクエウォークを5章までクリアしていますが、リセマラは必要ありません!

ドラクエウォークはレベルをしっかり上げていくことで、ドロップ装備だけでも攻略可能です。

また、ドラクエウォークにはガチャに天井があるので、ある程度ジェムを集めて、一気に使えば確実に★5武器が入手できます。

★5武器を確実に入手するためには、18000ジェムが必要になります。

しかもドラクエウォークには装備よりも重要な「モンスターのこころ」と言う要素があります。

モンスターのこころは1キャラに3つまで装備ができるのですが、装備よりも強力な補正値になります。

モンスターのこころは、文字通りモンスターからドロップするのですが、複数集めることでグレードアップができ、Sランクにすることで、大きな効果を得ることができます。

こころによっては、呪文を習得することも可能です。

ただ、強力な装備があることで攻略が楽になるのは事実です。

ドラクエウォークは難易度が髙いゲームでもあるので、★5武器がない状態だと、しっかりと推奨レベルまでキャラを強化していかなければなりません。

リセマラをめんどくさいと考えてしまうかもしれませんが、結果的にレベリングを行う必要が出てきます。

ただ、早くゲームを進めたいのであれば、リセマラはせず、ゲームを始めてしまっても攻略は可能といえるでしょう。

 

ドラクエウォーク リセマラめんどくさい!必要あるのかまとめ

今回は、ドラクエウォークでめんどくさいリセマラが必要なのか?ということを紹介しました。

実際にクリアしている私からすれば、リセマラは必要ありません!

ただリセマラをして、強力な武器を入手しておけば、もっと楽に攻略できたと思う場面は多かったです。

リセマラの時間はさほどかからないので、もし歩くことが苦行でないのであれば、リセマラをすることをおすすめします。

もしリセマラで強力な武器を入手できなくても、「モンスターのこころ」による補正値で攻略をしていくことは可能です。

自身の好きなやり方で、ドラクエウォークを楽しみましょう。

そして最後に、ここまで読んでもらったあなたに・・・

最近個人的にハマってる神ゲー

を紹介したいと思います!\(^o^)/

放置少女っていう今流行の放置ゲーなんですけど、これがまた地味にハマります(笑)

攻略に詰まってもほっとけば勝手に強くなってくれるのでマジでストレスがないです!

それとキャラがめちゃくちゃ可愛いから、愛着湧いて手塩にかけて育てる感じがまたいいんですよね♪

長時間一気にプレイするっていうよりも、メインにプレイしているゲームの合間に1日1回ログインする、くらいの感じでプレイすると気持ちいいくらいに強化できるのでストレス解消になってます(笑)

やっぱり評判もよかった。

そう!他のゲームの息抜きにやるのがめちゃいいんですよ!!あと放置してる間のワクワク感!わかる(笑)

これは実際プレイして体感してもらいたいですねー(・∀・)

もちろん無料でできるので、他のゲームでマンネリ気味&ストレス溜まってきたら息抜きにやってみてね♪

>>放置少女の無料ダウンロードはココからできます

それでは今回もここまで読んでもらいありがとうございました♪

おすすめの記事