ラストフォートサバイバル無課金!ガチャの引き方やおすすめガチャは?

ラストフォートサバイバルでは、シェルターを強固な守りで固める為にも、採取で貴重な資材を集めるにも、そして世界を覆い尽くしたゾンビから人々を守るためにも、頼もしいヒーロー達の存在が欠かせません。

今回はそんな頼れるヒーロー達と出会えるガチャのおすすめな引き方等を解説していきたいと思います!

 

【ラストフォートサバイバル】ガチャとは?

ラストフォートサバイバルでのガチャの特製などを見て、自分にあったガチャを引いていきましょう!

ガチャはいつからできるの?

ガチャはチュートリアル中の5Dayから引くことが可能です。ここに至るまでにボイスを聞いて、ムービーをしっかり見ていると40分以上かかります。長い道のりに感じますが、ゾンビ映画等でのお馴染み展開があったりするので、序盤の物語をしっかりと楽しみながらガチャが引ける時を待って下さい。ちゃんとゾンビ感があります!

ガチャを引ける場所

ガチャは物語を進めることで追加された左上の施設「衛星センター」から引くことが出来ます。

ガチャの種類

ラストフォートサバイバルでは「バトルヒーロー募集」と「軍営募集」の2つがあります。

 

【ラストフォートサバイバル】無課金おすすめガチャ

ガチャの詳細を紹介していきます!

バトルヒーローガチャ

無課金プレイヤーにおすすめのガチャは「バトルヒーロー募集」です。こちらはどの軍営キャラが出てくるか分からないランダムガチャとなっています。バトルヒーローと言うだけあって、ゾンビ戦等の戦闘で活躍するヒーロー達が排出されるガチャです。

その他のヒーローは?

シェルターを増築したり、料理、発電、研究等の作業をしてくるヒーロー達は「ビルドヒーロー」と呼ばれています。彼らをガチャから得ることは出来ませんが、物語を進める事で増やすことが出来ます。

軍営募集ガチャ

軍営募集」のガチャは課金プレイヤー用となっています。コツコツ微課金の方は是非狙ってみて下さい。

ラストフォートサバイバルではパーティを組む時、同じ軍営キャラで揃えると追加効果を得られるようになっているので、既に何人か目星いキャラがいる軍営の時を狙って軍営ガチャを引くと、効率的にパーティを組むことが出来ます。

ちなみに、狙ってる軍営がくるまで待つのが面倒な方は、ダイヤ50個で「軍営変更」することも出来ます。

 

【ラストフォートサバイバル】おすすめのガチャの引き方

ラストフォートサバイバルでより効率的に強いキャラクターを手に入れたいのであれば、単発ガチャはおすすめできません。狙うべきは10連ガチャオンリーです!

「バトルヒーロー募集」では、バトルヒーロー募集ポイントを消費してガチャを引きます。

10連ガチャおすすめポイント その1

ラストフォートサバイバルでは、1回100バトルヒーロー募集ポイントで、1人のヒーローを手に入れることが出来ます。

そして、何故10連ガチャがおすすめかと言うと「10回を900ポイント」で引くことが出来るからです!たった100ポイント分しかお得じゃないじゃんと思うかもしれませんが、その100ポイントが馬鹿に出来ないのです。

バトルヒーロー募集ポイントの集め方

基本無課金プレイヤーなら、メインクエストである「成就ミッション」をクリアすることでポイントをゲットすることが出来ます。

あとは、期間限定のイベント報酬等でも貰えるので、イベントセンターはこまめにチェックしておきましょう!

10連ガチャおすすめポイント その2

バトルヒーローガチャを10連で引くと10人のヒーローのうち確定で「B+級ヒーロー」か「A級ヒーロー」のどちらかを1人ゲットすることが出来ます!このお得システムによって、無課金でも比較的「A級ヒーロー」を集めやすくなっています。

ちなみにラストフォートサバイバルでは、30回ガチャを引く毎に「A級ヒーロー」1人が確定で貰える素敵なシステムを導入しています!

軍営募集ガチャでもお得

軍営募集ガチャでも10連で引くと、バトルヒーロー募集ガチャと同様のお得システムを受けることが出来るので、是非「軍営募集カード」を使う際は10枚貯めてから引くことをおすすめします!

更に軍営募集ガチャではラッキーポイント制度があり、A級ヒーローが出なかった場合のみラッキーポイントが貯まっていき、A級ヒーローの排出確率を上げてくれます。ラッキーポイントはA級ヒーローが出ると自動的リセットされます。

 

まとめ

  • 無課金プレイヤーこそ10連ガチャを狙おう
  • 課金プレイヤーにも10連がおすすめの引き方

ラストフォートサバイバルは、無課金プレイヤーでも時間をかければしっかり強くなれる仕様になっているので、軍営パーティ効果を狙らえるよう頑張ってガチャを引いていきましょう!

おすすめの記事